家族葬のメリットと事前にすべき事

家族葬のメリットと事前にすべき事

家族葬は、従来の一般的な葬儀に取って代わり誰もが知る葬儀スタイルとなっています。特に都心部では、この葬儀専用の葬祭施設を良く見かけるようになり、テレビや雑誌などのマスメディアでも数多く特集が組まれ、まるで推奨する葬儀スタイルの様に取り扱われています。



現在では、日本全国で一般的な葬儀よりも数多く執り行われ、インターネット上には家族の為の葬儀やシンプルな葬儀などのキャッチフレーズで様々な葬儀業者が広告を掲載しています。

しかし、比較的新しい葬儀スタイルである事もあり、弔問客や参列者の数などの定義が非常に曖昧で数人で執り行われる家族葬と同様に100人近い参列者の葬儀も家族葬と読んでいます。本来の家族葬は、残された家族数人で通夜や葬式を厳かに執り行う事で経済的負担を大きく軽減するとともに、憔悴しきっている残された家族の精神面や肉体面の負担を軽減し、故人との残された僅かな時間を有意義に過ごす事が目的の葬儀スタイルです。

毎日新聞の優良サイトならこちらで見つかります。

残された家族は、従来の葬儀スタイルで暴利を貪る事に慣れている葬儀業者の口車に乗らない様に依頼する前に弔問客や参列者の数を明確にしておく必要があります。日本国内では、弔事に関する事前の準備は不吉や不幸を呼び込むと言われてきましたが、現在では通販で喪服を購入したり、高齢者が自分で自分の葬儀の生前見積もりを依頼するなど葬儀の相場や葬儀業者の評判、マナーなどに関する情報収集は常識となっています。



  • 予備知識

    • 家族葬は、家族を中心とした身内だけで行う小規模な葬儀スタイルのことであり、生活スタイルの変化や葬儀に対する価値観の変化などにマッチした葬儀スタイルとして、都市部などでの需要が高まっています。そして家族葬には、昔からよくある大規模な葬儀と違って、参列者の対応に追われずに済むことや、ゆっくりと故人を贈ることができること、そして規模が小さい分、葬儀費用も安く済むといったさまざまなメリットがあります。...

      detail
  • よく解る情報

    • 葬儀会社で選ばれるお葬式の形式にはいろいろなものがありますが、最近選ばれることが多い形式が家族葬です。家族葬は、家族や親族、ごく親しい人のみでお葬式などを執り行う形式です。...

      detail
  • 難しくないマナー

    • 近年では、広告などで「家族葬」という言葉を目にすることも多くなりましたが、一般的な葬儀と何が違い、どのようなメリットがあるのかという疑問を持っている人も多いでしょう。まず一般的な葬儀との違いについては、会葬者の規模が違うということが挙げられます。...

      detail
  • 読めば解る

    • ご存知のように日本では少子高齢化が進んでいますが、近年では平均寿命を大幅に超える高齢者の方も少なくはありません。そのようなご長寿の方の場合、不幸にして亡くなられたときには親しい人や知人の方がすでに亡くなられているということも珍しくはありません。...

      detail