家族葬のメリットと事前にすべき事

  • 親族だけでゆっくりと故人を送れる家族葬

    • ご存知のように日本では少子高齢化が進んでいますが、近年では平均寿命を大幅に超える高齢者の方も少なくはありません。



      そのようなご長寿の方の場合、不幸にして亡くなられたときには親しい人や知人の方がすでに亡くなられているということも珍しくはありません。

      一般的な葬儀には友人や知人、会社関連の人などが弔問に訪れるのですが、長寿の方が亡くなられた場合には弔問客として訪れてくれる人がほとんどいないというケースが多々あります。そこで近年、ニーズが高まっているのが従来のような葬儀ではない家族葬と呼ばれるタイプの葬儀です。

      家族葬とはその言葉からも想像がつくように亡くなられた方の配偶者や子供、ごく近しい親族が中心となって故人を弔うタイプの葬儀なのです。この家族葬のメリットは従来のタイプの葬儀のように大勢の弔問客が式に参列をしない点にあります。

      NAVERまとめに対する期待が寄せられています。

      一般的な葬儀では弔問客に挨拶をしなければならないなどの遺族側の気苦労というものは精神的、肉体的に大きな負担となっていましたが、家族葬では肉親をはじめとした気心の知れた人たちのみで葬儀を行うかたちになるので精神的、肉体的な負担を最小限にすることができます。
      また、家族葬では従来の葬儀のように参列をする弔問客が少ないことから葬儀場所も小規模で済みます。



      わざわざ大きな葬儀場を用意する必要がないのです。

      その分だけ葬儀費用をあまり掛けずに執り行えるという経済的なメリットもあります。