家族葬のメリットと事前にすべき事

  • 家族葬で最後の時間を家族だけでゆっくりと過ごす

    • 葬儀会社で選ばれるお葬式の形式にはいろいろなものがありますが、最近選ばれることが多い形式が家族葬です。


      家族葬は、家族や親族、ごく親しい人のみでお葬式などを執り行う形式です。



      そうすることで、ゆっくりと故人を偲ぶことができるようになるということで、選ばれることが多いといいます。

      家族葬は一般葬と同じ流れでお通夜やお葬式を行います。


      ですが、一般葬と違うところがあり、ひとつは少人数で執り行うということです。

      それから、お香典やお供物などをいただかないという点も一般葬とは違います。なので、この形式を執り行うときにはお香典という収入になるものがないということになります。

      日本経済新聞の初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

      収入になるものがないので、葬儀費用は自己負担で執り行う部分が多くなることを理解しておくことが大切です。
      また、家族葬は参列者への食事などのおもてなしをする必要がないので、遺族が静かにゆっくりと故人の思い出などを話したり、故人との最後の時間を過ごすことができるようになります。一般葬の場合、参列していただいた方たちへのおもてなしや葬儀のお礼状などを書くことになったり、しなければいけないことがたくさんあります。

      なので、ゆっくりと故人のことを考えることができるようになるのは少し後になってから、という場合もあるといいます。そのようなことがない家族葬は、大都市圏を中心に少しずつ選ばれるようになってきているということです。
      家族のみで最後の時間を過ごすことができるのがとてもよいといわれています。