家族葬のメリットと事前にすべき事

  • 家族葬を行う際の注意点とは

    • 家族葬は、家族を中心とした身内だけで行う小規模な葬儀スタイルのことであり、生活スタイルの変化や葬儀に対する価値観の変化などにマッチした葬儀スタイルとして、都市部などでの需要が高まっています。


      そして家族葬には、昔からよくある大規模な葬儀と違って、参列者の対応に追われずに済むことや、ゆっくりと故人を贈ることができること、そして規模が小さい分、葬儀費用も安く済むといったさまざまなメリットがあります。



      しかし家族葬には、メリットだけでなく、注意しておいたほうがよい点もいくつかあります。

      まず一つ目の注意点としては、「参列したいと思っていた人が参列できない場合がある」ということが挙げられます。

      一般的な葬儀では、身内だけでなく、会社関係者や近所の人など、幅広い立場の人が参列するため、そのようなトラブルはありませんが、参列者を小規模に限定する場合は、参列したくてもできない人が出てくる場合が少なくありません。

      そのため、一般の葬儀であれば参列するような人に対しては、あらかじめ家族葬の趣旨を説明して理解を求めることも必要でしょう。

      二つ目の注意点としては、「香典が少ない」ということが挙げられます。

      Yahoo!ニュースの情報も多数ご用意しました。

      葬儀費用というのは、最終的に、支出だけでなく香典による収入による差し引きによって決まる(香典収入が費用軽減につながる)と言えます。



      しかし家族葬のように参列者が少ない場合は、当然、香典も少なくなりますし、あらかじめ香典を受け取らないというケースもあるため、香典による収入は当てにできないということを知っておきましょう。